旅の場所から「コーチング」

人間って悩みますよね。

実際に学校現場を知っている教師が「お悩み相談」でコーチングいたします。

コーチングとは、信頼関係を築くプロ(職業)です。

傾聴し、対話を重ね、クライアント(コーチングの対象者)自らが目標達成に向けて自発的に行動していけるような触媒的存在。それがコーチです。

私は海外経験をして、失敗して、コーチングの勉強をして、その結果再就職した学級経営が本当に楽に、そして楽しくなりました。また、自分の人生で大切なものは何かを自分自身で見つけることができました。

よく、教師は視野が狭い。と言われますが、私はマジで狭かった。

やっかいなのは、そういう私が教員採用試験に受かってたものだから、「私のやってきたことは認められて当然。」と思うんですね。

それ、大変なことです。教師としては。

いろんな視野、立場の経験をして、ようやく自分らしさを取り戻せた感覚は宝です。

辞めてグローバルな視点を得たことが失敗の裏にある最大の収穫です。

そして、教諭をやめる前、12年間で出会った生徒たちには、心から「傷つけてごめんなさい。でもあれでいっぱいいっぱいだったんだ。あれでも一生懸命だったんだ。」と言いたい。

私は、帰国後、コーチングの技術を学び、現在はそれを生かして、実際に教育現場で「コーチング」を行って、「悩み相談」に来た生徒と向き合っています。

私は、再度、勤務してよけいに思いました。本当に子どもにはのびのび生きてほしいし、今はそういう環境が少ない。のびのびたでいいじゃないか。

世の中にコーチングが広がって、

みんながそれぞれの幸せ=It’s a smile world を見つけられたら。

そんな思いで、現在は、勤務時間外、空いている時間に、zoomを使ったコーチングを行っています。日本全国、世界各国問わず

地球規模で悩み相談にのろうじゃないか(笑)

最初に30分のセッションを受けていただきます。そこで料金のことにも触れますが、私が学校現場に勤務期間中は、非営利の活動とさせていただき、ドネーションバーで得たお金と同様にさせていただきます。

ドネーション・バーについてはこちら

その後、継続するかどうかをご自身で納得して決めていただきます。

トップページのお問い合わせからご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう