旅する教師

TCHIKIRI Imaoka Ayumi(チキリ今岡鮎美)

トーゴにて。撮影: 辻旺一郎

1980年生まれ

島育ち故に小さい頃から外に出ること、海外に住むことに興味をもつ。アフリカの飢餓のニュースを4歳で見て、いつか何かしたいという夢をもつ。

大阪の公立中学校の教師となり、9年間勤務。その後、独日本人国際学校に派遣。

アフリカへの夢と、教諭生活のストレスにより退職。

アフリカの一人旅を敢行。縁あって、アフリカ事業を行う会社へ投資。また社員としてナイジェリアでスカウト業務に携わる。

アフリカ人の主人と出会い、ひょんなことからトーゴ 共和国のレストラン事業に投資することになり、お金を循環させ、雇用を生むという社会起業になればと取り組む。結婚。

千原せいじさんがアフリカに行く「こんなところに日本人」で取り上げられる。

一時帰国時には、神奈川県や大阪府の公立小中学校で、総合的な学習の時間、道徳、社会など、授業科目に合わせ、アフリカに関する講話を行う。

その後、レストラン事業失敗。

「アフリカの子どものために何か」と言う前に

「自分を助けなければ」と本帰国。

再び教壇に立つことになり、自分自身を回復させるため、コーチングを学ぶ。

現在は、夫が来日し、現在日本とトーゴの文化の違いを共有しつつ生きている。

教諭を辞める前より余裕をもって子どもや保護者と接することができた自分、楽しかった自分に気づく。

失敗で失ったものは「教諭時代に貯めたお金」

得たものは「多様性」「いろんな考え方を認められる力」「主人」

自由に海外を行き来し、外でインプットしたことを学校現場やそれ以外にもアウトプットをするにはどうすればいいか。

新しい先生のカタチ=「先生の働き方改革とは何か」を模索するようになる。

実体験から感じた「どんな人間でありたいか」「自由に自分の人生を決めていくこと」など、人生という長い見方で子どもと接することを心掛けている。

教師をしていてよかったと思うこともたくさんある。

また、個別にライフコーチングを行っている。(123ひふみコーチング出身)

Zoomを使った授業が好きであり、海外滞在中は、「今岡センセイのどこでもドア授業」や、失敗経験を生かし、失敗を共有し、笑い合うことで前に進むための「新・失敗塾」などもしている。

また、国際結婚をしているため、AfricaConnectsの立ち上げメンバーとなり、外国人コミュニティを広げ、就職が難しい外国人の支援をしたり、持続可能な社会づくりのために何ができるかを主人とともに考えたりしている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう